高野亜紀子(たかの あきこ)

 高野亜紀子(たかの あきこ)

  • 有限会社 Via 代表取締役
  • 一般社団法人ドリームマップ普及協会認定ファシリテーター
  • NPO法人ゆめドリ 静岡地域事務局担当
  • マザーズコーチングスクール認定マザーズティーチャー
  • トラストコーチングスクール認定コーチ
  • 素質成功学インストラクター
高野亜紀子(たかの あきこ)

大切にしていること、好きなこと

There is always light behind the clouds.
雲の向こうはいつも青空

これは私の好きな言葉です。 
日々生活していると、いろんなことがあります。自分を信じ諦めなければ、必ず青い空が応援してくれる気がします。

略 歴

福島県郡山市生まれ
短大卒業後、住宅総合メーカーに勤務。
結婚後、静岡県沼津市で自営業の妻、嫁、母として義理の両親と同居をし3人の子どもを育てました。

それなりに幸せだけど、このまま一生終わるんだろうな・・という何ともいえない孤独感。
子育ての不安や悩み、離れて暮らす両親の心配、自分自身のこれからの生き方に思い悩んでいた時にドリームマップに出合いました。

「おかぁさんの夢は何ですか?」と質問されて
そのとき、「おかぁさんになっても夢を持っていいんだ」と・・

小さな一歩を踏み出すために勇気を出して、ドリームマップ認定ファシリテーターになり自営業を手伝いながら活動をはじめその後、一般社団法人ドリームマップ普及協会の設立理事になり、静岡県内での学校ドリマ授業の普及に努めました。

また、学校でのドリームマップ授業を通し、子ども達の幼少期の環境、関わりがとても重要だと感じ、改めてコミュニケーションのベースであるコーチングを学び、現在は地元沼津でドリームマップ講座をはじめ、コーチング講座、セミナー・イベント企画など、誰もが小さな一歩を踏み出すきっかけづくりの場を提案させて頂いています。

私のドリームマップ

2022年 Make everyone happy

ドリームマップを今では毎年何度もつくっていますが、いつも私が必描くことがあります。
それは世界中の人が平和で心豊かに過ごせる世界を実現させること。
一人ひとりが自分のできることで、できる範囲で小さな一歩を踏み出し、笑顔の輪を繋げていけば必ず持続可能な平和な社会が続くと信じています。

高野亜紀子(たかの あきこ)

私のワンデイ・ドリームマップ

私のように結婚後、子育てや家事に追われ自分を後回しにしてしまったり、自分の夢を諦めてしまったママ、また自営業や二代目経営者様の奥様、夢がわからなくなって自分を見失ってしまった方々へ、ドリームマップを創っていただきたいと思っています。
年齢も性別も職業も違う人たちと 夢をシェアすると・・可能性が広がる気がします。

高野亜紀子(たかの あきこ)

参加者へのメッセージ

私の小さい頃の夢は幼稚園の先生になることでした。
2008年、はじめてドリームマップをつくった時に、
「幼稚園の先生には もうなれないけど ドリームマップの先生にはなれるかも」
と思いました。
10年後、私は小学校、中学校、高校、大学でドリームマップの授業ができるようになりました。
また、みんなが集まれるcafeのようなサロンも作りたいなぁーという願いも叶いました。
小さな一歩を踏み出せば、止まってしまった運命の歯車が、また動きだすということを伝えたいと思います。

PAGE TOP